高速で格安なレンタルサーバーをリアルタイムな測定値で比較

【2022年】レンタルサーバーおすすめランキング

レンタルサーバーのイメージ

オススメの指標としては

  • 使いやすさ
  • 料金
  • サポート
  • パフォーマンス

これらの情報をもとに評価値の平均値でオススメのランキングになっています。

特にパフォーマンスに関してはTTFBを定期的に計測し、その平均値が少なければパフォーマンスとして高いことを一つの指標としております。

TTFBについて

「最初の1バイトを受信するまでの時間」(Time To First Byteの略)を意味しており、データベースを用いるWordPressにおいては、サーバーの総合的なパフォーマンスが高ければ高いほど速くなる傾向があります。

TTFBの重要性

Googleがページ読み込み速度を順位決定の要素の一つとして採用しており、TTFBの値が低いと必然的に読み込み速度が早くなることからサーバー選定の要素としては非常に重要です。

当サイトにおける指標としては最も重要な要素として考えています。

ランキング

当サイトのオススメ1位は コアサーバー(CORE-MINI) です!

順位 サーバー 当サイト内評価平均値
1位 コアサーバー(CORE-MINI)
4.2
2位 ロリポップ(ハイスピード)
4
3位 スターサーバー(ハイスピード)
3.6
4位 コアサーバー(CORE-X)
3.4
5位 Xserver(スタンダード)
3.1
6位 ConoHa WING(ベーシック)
3